iPhone(アイフォン)修理 高田馬場

次期iOS14では安定性向上に力を入れる!Appleの方針転換 iPhone(アイフォン)修理 高田馬場なら高田馬場駅近のスマホスピタル高田馬場にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 高田馬場
  • オンライン予約はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 高田馬場

iPhoneお役立ち情報

次期iOS14では安定性向上に力を入れる!Appleの方針転換

[2020.01.22] スマホスピタル高田馬場

IMG_5457

Appleは2020年公開予定のiOS14(現時点ではiOS13)ではiOS13のような不具合が減るように重視した開発方針にすると報じられています。

昨年公開されたiOS13では、不具合が多くこれまでに例をみないほどのペース、公開後2ヶ月で8回ほどアプデートで修正しています。これを踏まえてのiOS14への開発方針の見直しともいえそうです。

iOS13の不具合

iOS13では正式公開前にベータ版(13.1)が公開され、多くの関係者が驚きました。そしてその不具合として「モバイル通信が繋がらない」「バックグランドのアプリが強制終了」「フォント問題」といった多くの問題がありました。実はiOS12では安定性を重視しており、元々新しい機能追加を先のiOS13へ先延ばしにしていました。つまりiOS13は新規機能の追加を優先した事で安定性が疎かになってしまった・・・という事です。

今度は失敗しないiOS14の優先順位

これはソフトエンジニアとしてAppleで仕事をしてきた方が言っている問題です。「機能が多すぎる」「クラッシュレポートが不正確」「古いバグの記録がプログラムに残っている」「複雑なエコシステム」「バグ対応の優先順位」「自動テストが活用されていない」と語っています。

要約しまとめると、バグの情報が入ってきた場合の重要性の位置づけが明確でなく、重要なバグでも後回しになっている、そして、不具合のプログラムは完全に削除されという事もない、機能を盛り込みすぎてエンジニアからすれば難易度があがり、自動テストも活用しているが人力に頼っているところも多く品質やサービスが追いつかない。という事でしょう。

Appleはどうしていくのか?

プログラムである以上、テスト段階で発生しなかった事が公開後のユーザー環境によって問題がでてくるのは仕方ありません、ですが、その後の対応の順位も大事です。さらに開発者やエンジニアから懸念点も出ている可能性もあります、それらをフィードバックを円滑に整理できる環境作りや、「さすがApple」と呼ばれる日が再び訪れるようにしていく事が重要で、まずは安定を確立させて行く事をiOS14で見せてくるのではないでしょうか。

 

スマホスピタル高田馬場

新宿区高田馬場2-14-8 4F

03-6205-6303

iPhone修理オンライン予約はここ

一覧に戻る

03-6205-6303 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 高田馬場

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 高田馬場

  • バッテリーの無料点検開始!! iPhone(アイフォン)修理 高田馬場
  • ご一緒割 iPhone(アイフォン)修理 高田馬場
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 高田馬場
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 高田馬場
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 高田馬場
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 高田馬場
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 高田馬場